ENTRY

ENTRY

嵐山辨慶採用サイト

Copyright © Arashiyama Benkei. All Rights Reserved.

旅館とは

嵐山辨慶は初代が1969年に創業してから50年を迎える、親子3代で受け継いできた料理旅館です。近年、京都・嵐山は世界中の人々が訪れる観光地となりました。そんな中、渡月橋を目の前にした風情あるロケーション、四季折々の旬を取り入れた懐石料理、伝統ある旅館でありながら家族のように温かみのあるおもてなしがみなさまの口コミで広がり、年間100組以上のお客様にお越しいただいております。私たちは伝統を守りながらも、常に時代の変化を感じ取り、旅館として進化してきました。嵐山辨慶では、8割以上のお客様が海外からいらっしゃいますので、よりいっそう国際感覚に磨きをかけて、これからも多くのお客様に最高のサービスを提供したいと考えています。

旅館のスタッフ

Staff 嵐山辨慶のスタッフ

旅館を支える人たち

  • 代表取締役社長

  • 若女将

  • 中居

  • 板前

  • フロント

  • 清掃員

私たち、嵐山辨慶はたくさんの仲間と
協力しあって成り立っています。

 

Interview 社員インタビュー

 

旅館の一日

Work log ワークログ

ある日のスケジュール

  • 07:00 朝食の準備
    07:30 朝食のご案内
     

    布団の片付け

    11:00 チェックアウト
     

    お見送り

    お部屋の片付け&宿泊の準備

    小物・シーツなどの準備

    お昼の宴会準備

    12:00 昼食の配膳

    みんなで宴会の準備中。忙しい時は会長自ら手伝ってくださることも。

    お布団は一枚一枚、心を込めて敷いています!
  • 12:00 昼食の配膳
     

    食後のお片付け

    宿泊の準備

    15:00 チェックイン
     

    お茶をお出しする

    その日のご予定の確認

    夕食の準備

    お部屋に配膳・片付け

    お布団の準備

    宴会の配膳・片付け

    22:00 朝食の準備

    みんなで宴会の準備中。忙しい時は会長自ら手伝ってくださることも。

各スタッフのインタビュー

 

どんなお客様が来るの?

Hospitality 私たちのおもてなし

欧米からアジアまで外国人観光客が8割以上。
家族や夫婦、友達グループで2泊以上滞在する方が中心です。
お客様は20代後半から50代から60代まで、親子2代、3代でいらっしゃる方もおられます。お客様の中には、何十年も前から毎年のように来てくださる方、来られた時に次回の予約をしてお帰りになる方も。そのほかにはプロポーズやお誕生日、記念日など、お客様の特別なイベントとして来てくださる方もいらっしゃいます。

旅館でのやりがい

旅館で働くことの魅力は、何と言ってもお客様との距離が近く、深い信頼関係を築くことができるところ。嵐山辨慶でお迎えするお客様は1日10組限定です。どのようにお客様に喜んでいただくかは、個人の裁量に任せているので、プロとして一流の接客スキルを身につけることが可能です。
そして、当館には欧米からアジアまで世界各国のお客様が8割以上いらっしゃいます。海外への留学経験や、語学力を伸ばしながら日本の和を代表とする京都で情緒を感じ、文化や歴史を学ぶことは、他にないやりがいを感じることができるでしょう。

 

どんな人が旅館で
働くのに向いているの?

Profile of candidate sought 求める人材

こんな人が向いている

柔軟に行動できる人

お客様に喜んでいただくために、いまどうするべきか?臨機応変に行動することは非常に大切です。嵐山辨慶ではひとりひとりのスタッフが、他の旅館やホテルにはないお客様との密接な信頼関係を築いていってほしいと考えています。それをやりがいと感じて楽しめる方にはぴったりの環境です。

いつもポジティブな人

旅館での仕事は、接客業の中でもお客様に関わる時間が長いため、本当に奥が深いです。私たちが3代かけて築いてきた老舗料理旅館としてのカラーをしっかり受け継ぎ、同じ方向を向いて頑張ってくださる気持ち。時には忍耐強く、明るく前向きに取り組める方を嵐山辨慶は必要としています。

向上心のある人

お客様が10人いれば十人十色です。これという正解はないですが、まず伝えたことを素直に吸収していってくださること。そこからいかに引き出しを増やしていけるか、自分自身を高め変えていけるかを考えて努力できる方と嵐山辨慶のこれからを作っていきたいと思っています。

 

あなたも嵐山辨慶で
おもてなしのプロに。

エントリー