ENTRY

ENTRY

嵐山辨慶採用サイト

Copyright © Arashiyama Benkei. All Rights Reserved.

「子育てと仕事と」

駒原 さん

中居

メリハリをつけて働きながら、
仕事に育児に奮闘中

中居駒原 さん

メリハリをつけて働きながら、
仕事に育児に奮闘中

「人生を嵐山辨慶とともに」

今までも、これからも

今までも、これからも

私は現在、中居としてお客様に携わる業務全般を担当しています。高校卒業後の進路を決める際に、京都の文化が大好きで、旅館で接客の仕事に就きたいという夢があったことから嵐山辨慶で働くことを決意しました。中居の仕事は、マニュアル通りに動くのではなく臨機応変に対応することが必要です。流れをつかむまでは大変ですが、各地からお越しになるお客様と話すことは新鮮で楽しいですし、自分が関わったことで喜んでくださると私も嬉しく、それがやりがいに繋がっています。

中居の一日の流れ

  • 07:00 朝食準備・接客・片付け
      お客様の見送り
    11:00 昼食準備・接客・片付け
      客室準備・備品追加 
  • 15:00 お客様の案内
    16:00 夕食準備・接客・片付け
    18:00 布団敷き
私は新卒で入社し、7年間正社員として勤務しました。その後、結婚をして、妊娠をしたタイミングで一度退職しました。それから2年ほど離れ、2017年の春に戻ってきました。また復帰したいと申し出たときも、快くお返事をくださりスムーズに戻ってくることができました。今は朝から夕方までの時間帯で、平日と日曜日にお休みをいただいています。他にも私と同様に小さなお子さんのいる女性スタッフがいるので、みんな子どもの保育園の時間に合わせて柔軟に希望をきいていただき、和気あいあいとしつつもメリハリをつけて頑張っています。これからも、長く働いていきたいと思えるくらい居心地がよく、働きやすい環境です。
メッセージ
現在私は、仲居の仕事と育児を両立しながら働いています。これも、みんな嵐山辨慶というもうひとつの家族のような存在があったおかげです。もともと旅館で働くことに憧れを持って始めましたが、こんなに長く、しかも出産してからも戻って来れるとは思っていなかったです。
嵐山辨慶を一言で言うと、アットホームですね。以前風邪で休んでしまったスタッフがいたのですが、その子の寮まで会長がおかゆを作ってわざわざ持って行ってくださったり。そんな思いやりのある環境だからこそ、しんどいことがあってもやりがいを持って働くことができています。旅館で働くことを考えている方は、安心して飛び込んできてくださいね。

Interview 社員インタビュー

他の社員をみる

あなたも嵐山辨慶で
おもてなしのプロに。

エントリー